第二新卒の理想の転職をかなえてくれるjaic

働きたいという気持ちを持っていても、第二新卒という壁が立ちはだかり思うように就活できないという若い世代が多くなっています。
社会経験の少なさ、就職後、すぐに離職したことから社会的な信頼も減少している状態です。
しかしここで奮起し、本気で正社員としての雇用を探したいということなら、転職エージェントのjaicが力になってくれます。

行動を起こさなければ現状は変わらない、経験が少ないのならそれを補うヒントを与えてくれるエージェントにサポートをお願いすればいいのです。
第二新卒やフリーターの正規雇用に力を注ぐjaicなら、何が必要で何を頑張っていけばいいのか、その道を一緒に歩いてくれます。

学校を卒業してから新卒として就職、でも数年以内に離職した人を現代では第二新卒と呼びます。
中には大学を卒業後に就職し5月くらいで離職し、その後、アルバイト生活をしている人もいれば、そのまま何もせず過ごしている方も少なくありません。
こうした第二新卒は社会人となった経験があっても、その期間が短いほど未経験に近いとして見られるため、スキルや高い技術力を持っているとしても正社員雇用が難しくなるのです。

20代後半から30代前半でスキルアップのための転職や、別の職業に就きたいという社会人経験の長い転職者、中途採用枠に当たる人たちと第二新卒は、雇用面で競合することも多く、結果、正社員に雇用される機会が少なくなります。
この状態を打開し、就職転職を成功させるためのサポートをしてくれるのがjaicです。

新卒として就職した経験があるから履歴書や自己PRの書き方などはできているはずと思っている方も多いのですが、実は、履歴書など書類を書く基礎についても未熟な面が多いといわれています。
社会経験の少なさ、書類に対する未熟さを埋めるための講義、面接に対応する姿勢、社会人としての心得などを様々な方向からアプローチしてくれるのがjaic、だからこそ、第二新卒、フリーターなどの若い世代の転職、就職において注目されているのです。

会社選びに失敗したくない、自分が何を仕事にすればいいのかわからない、書類選考に通らないなどの悩みをお持ちの方が多いと思います。
こうした悩みを持っている方で、本気で将来を変えたいと思うなら、jaicは常に味方となってくれるはずです。
第二新卒は正社員雇用が難しいといわれています。しかしそれは努力次第、jaicがしっかりサポートしてくれます。
JAIC(ジェイック)の評判ってどうなの?はこちら