銀行からお金を借りる条件とは?

お金を借りる時に、銀行は消費者金融と比較をした場合、審査が厳しいと言われています。
厳しいと言われている理由は、銀行自体が信用取引を行っているからなのです。
しかし、初めてお金を借りる人と言うのは、銀行にとっては初めてのお客さんで、取引をしている人は信用があっても、初めての場合には信用がありません。
この場合の信用と言うのは、返済能力があるのか否かと言う事であり、安定した継続収入を持つ人、20歳以上などのような年齢における条件、保証会社の保証を受ける事などが主な貸し付け条件になります。
安定した継続収入、成人に達している、保証会社の保証を受ける事が出来ると言うのは、銀行すべての貸し付け条件であり、これを満たしている人であれば、誰もがお金を借りる事が出来る、審査に通る事が出来ます。
しかし、銀行の中には前年度の年収が400万円以上、勤続年数が3年以上と言った条件を付けているローン商品もあります。
このようなローン商品は、融資額が比較的高額なもの、金利が低いローンになっているケースが多いのです。
但し、前年度の年収や勤続年数と言った条件を設けているローン商品以外にも、必要最小限の条件を満たしている事でお金を借りる事が出来るようになっています。
お金を借りる方法としては、アルバイトやパートなどの収入の人でもお金を借りる事が出来る、配偶者に安定継続収入がある場合には専業主婦でもお金を借りる事が出来るなど、銀行からお金を借りる事が出来る範囲は広くなっているのが特徴です。